「ゼッタイ、いや!もう、ママなんて大っきらい!!」

子供 苦手 克服出典:https://www.jcpa.or.jp

 

あぁ、またはじまった….

世の中の親全員に立ちはだかる壁。

それは子供に苦手を克服させること

 

人生好きなことばっかりやるわけにはいきません。

嫌なことだってやらないといけない時だってあるんです。

そう、子供でもね。

 

わたしの、息子はなぜが「水着に着替えるのがイヤ」という、
意味不明な苦手を克服しなければなりませんでした。

 

わたし「どうして水着がイヤなの?」

息子「だってイヤだから」

わたし「…」

 

でも、この苦手を1週間で克服することに成功したんです。

今日はわたしが実践した方法をご紹介します。

 

子供の苦手を克服する具体的なステップ1:子供の気持ちを理解する。

子供 苦手 克服出典:http://girl.sugoren.com/

 

子供の気持ちを理解するといっても、相手は子供。

自己表現はうまくないですし、いくら理由を尋ねても「イヤだから」の一点張りも多いです。

 

では、どうするのか?

 

親戚、友人、兄弟で、自分の子供と似た境遇で育った人に相談するのです。

長男には長男の、次女には次女の、末っ子には末っ子の特有の悩みがあります。

それは、普段の親の接し方(無意識)が原因で発生しているもの。

 

また、特に親族には遺伝子も近いので、似たような性格をしている人もいるもの。

そういう方に意見をもらうと、

・子供のころに、親から言われてイヤだったこと

・言い方、言い回しを少し変えるだけで伝わり方が違うこと

・接し方の問題点

が浮かび上がってきます。

 

親が無意識にやっていたことを反省し、改善していくことで、子供の態度もガラリと変わります。

 

まさに灯台下暗し、答えは身近にあるのです。

 

子供の苦手を克服する具体的なステップ2:ハードルを下げる

子供 苦手 克服出典:http://steplyism.com/

 

「なんでこんなこともできないんだ」

イライラしていると、子供を責めてしまいます。

 

まずは気持ちを落ち着けましょう。

 

できなければ、できるようにハードルを下げて徐々に慣れさせてあげるのです。

 

わたしの息子の場合

 

わたし「ねえ、水着はいて!」

息子「いや」

 

わたし「じゃ、膝だけ」

息子「いや」

 

わたし「じゃ、足首だけ」

息子「いや」

 

…(この野郎…怒)

 

わたし「じゃ、水着さわってみよ」

息子「…いいよ」

 

と、なんと触るところからはじめました。

 

最初は「情けない」と思いますが、ジョジョに慣れていくもの。

 

1週間後には次の作戦を併用し、水着を着て、プールに入れるまでになりました!

 

 

子供の苦手を克服する具体的なステップ3:必殺、ご褒美!

子供 苦手 克服出典:http://pichet.net/

 

あまり、物でつるのはよくないんですけど、ここぞという時の奥の手!

必殺、ご褒美作戦!!

 

今回は

・水泳が苦手だったら小学校、中学校で必ず困る。

・万が一、水の事故にあった時、身を守れない。

・夏のレジャーにいけず、将来的な思い出の量が減る。

 

この3つを理由に、重大な問題であると判断しました。

 

ポイント1

ご褒美は、最初から全部あげるのではなく、ちょこちょこ小出しにしましょう。

最後に一番好きなものをあげる。

もしくは、メダルをあげる場合は、5個たまったら最後に大きな金メダルになる

 

ポイント2

あげる時も大げさに。

我が家では、表彰式のような演出をしてヤクルトあげてました。

結構、子供は嬉しいものなんです。

 

子供の苦手を克服する具体的なステップ:まとめ

 

今回紹介した方法はテクニックにすぎないのかもしれません。

 

本当に大事なのは「子供を思う気持ち」

 

臭いですけど「愛」です。

 

そして、問題を放置せずに向き合い続ける「忍耐力」

 

問題はなかなかすぐに解決しないものです。

 

ですが、愛と忍耐力で真正面から問題に取り組めば
必ず子供も理解して苦手を克服してくれますよ。