十五夜?旧暦8月15日?ナニソレ?

十五夜の満月出典:netwadai.com

 

中秋の名月を眺めながら月見団子を食べる。

なんとも風流ですね^^

 

でも、「十五夜」と聞くと「旧暦」の話が出てきて、頭がこんがらがりませんか?

 

そもそも、

 

なんで満月の日を十五夜っていうの?

中秋の名月って「秋」と言うわりに、旧暦8月15日だから夏じゃないの?

と思いません?

 

今回は、そのモヤモヤをスッキリさせるためににわかりやすく解説してみました。

 

なんで満月の日を十五夜っていうの?

月の周期出典:tsukinokoyomi

 

昔の日本人は、月の周期(画像参照)を1ヶ月と考えていました。

 

(明治6年(1873年)以前の日本は、月の満ち欠けに太陽の動きを加味して作られた太陽太陰暦を基準に月日を決めていました)

 

現代の私たちが日付を確認するのにカレンダーを見ますよね?

 

私たち→「カレンダーの3日をみて、今日は3日だ」

 

でも、カレンダーがない時代の人たちは月を見て日付を決めていたんです。

 

昔の人→「月が三日月の形をしているから、今日は3日だ」

 

月の周期は29.5日で、新月を1日目とすると15日目は満月になるので、「十五夜=満月の日」というのです。

 

「中秋の名月」は1年の中でも特別な十五夜

中秋の名月出典:http://chuplus.jp/

 

毎月十五夜の満月の中でも特に、旧暦8月15日は「中秋の名月」と呼ばれます。

 

1年の中でも最も美しい月で、収穫を月の神様に感謝する信仰と重なって特別扱いされるようになりました。

 

月見の文化は平安時代に中国から伝わったとされ、最初は芋を食べていたことから「芋の名月」とも呼ばれます。

 

とても興味深いですよね。

 

 

月見の文化の変遷についてわかりやすくまとめました。こちらもあわせてご覧ください。

月見団子の意味と由来は?5分でわかるカンタン歴史

 

 

2017年の中秋の名月はいつ?旧暦8月15日は夏じゃないの?

旧暦出典:Google Play

 

 

先ほども述べましたが、中秋の名月は旧暦8月15日にあたる日です。

 

旧暦はあくまで旧暦。今のカレンダーは全て新暦に直してあるので、旧暦8月15日を新暦に直して計算する必要があります。

 

でもどうやって計算すればいいの?

安心してください。

 

googleで「旧暦 計算」と検索すると、カンタンに計算してくれるサイトがあるんです♪

 

ちなみに2017年の中秋の名月は10月4日(水)です。

 

8月なんて夏じゃん!と思ったら10月。やっぱり秋なんですね。

 

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか?

 

すこし頭のごちゃごちゃが整理されてスッキリしたのではないでしょうか?

 

 

今回のポイント

1.昔の人は、月の形をカレンダー代わりに使っていて、新月を毎月1日とし、15日目が満月になることから、「満月の日=十五夜」を意味するようになった。

 

2.中秋の名月とは旧暦8月15日の満月のことで、1年で最も美しいとされている満月のこと。

 

3.旧暦とは太陽太陰暦のことで、新暦になおして計算する必要があります。2017年の中秋の名月は10月4日(水)です。

 

 

月の変化を楽しみながら、中秋の名月に月見団子を食べましょう。

 

やっぱり月より団子、ですね。