油の知識について調べていると言葉が難しくて困りませんか?

 

ネット調べても、説明に専門用語が使われているので、結局わからず挫折。

 

こんなモヤモヤをスッキリさせるために、今回は

・「油」と「脂」の違い

・「脂質」「脂肪」「脂肪酸」の違い

についてまとめました。

 

「油」と「脂」の違い

油と脂の違い

油脂とは油の総称で、以下の違いがあります。

 

「油」とは、常温で液体のもの

スーパーで見かけるサラダ油、ごま油、オリーブオイルは液体で瓶詰めされているようなものは「油」です。

 

「脂」とは常温で個体のもの

バターやラードといった固形のものは「脂」といいます。

 

まとめ

液体は「油」

固体は「脂」

総称して「油脂」

 

 

「脂質」「脂肪酸」「脂肪」の違いは?

言葉の定義はあいまいで諸説ありますが、以下のとおり整理しておくと便利です。

脂質とは

油脂を食べて消化吸収されると脂質

脂質とは生体の構成成分の一つ。つまり体の中にある油成分です

油脂を食べて、胃腸で消化・吸収すると脂質になります。

 

また、脂質とは、体内にある油分の総称です。

脂質には多数の種類があり、大きく分けると以下のとおり。

 

脂質のなかま、種類

・脂肪酸

・中性脂肪(=脂肪)

・リン脂質

・コレステロール

・ステロイド

 

脂肪とは

脂肪は中性脂肪出典:http://diet-de-yasetai.jp/

 

脂肪とは、中性脂肪のことで脂質の一種です。

お腹まわりのブニっとしたやつですね。

 

「肥満の象徴」とも言える存在ですが、体内で蓄えられておくことによって、いざ食料がなくなった場合のエネルギー源になります。

 

脂肪酸とは

脂肪酸とは、中性脂肪と同じく脂質の一種です。

以下のとおり体内には多種多様の脂肪酸があります。
脂肪酸の種類出典:http://tipsnews.blog.fc2.com/

 

脂肪酸は大きく、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられます。

 

飽和脂肪酸は、動物性脂肪のことと思ってませんか?

実は違います!

ココナッツ油など植物由来のものもあるんです。

 

じゃあ、不飽和脂肪酸は、植物性脂肪のことと思ってましたよね?

これも違います。

不飽和脂肪酸は、魚の脂も含みますので、必ずしも植物性脂肪というわけではありません。

 

一般的に、油は「動物性」か「植物性」という分け方をされていますが、油の知識をキチンと理解するためには、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸という分け方で考える必要があります。

 

 

油はこう理解しよう!

動物性 と 植物性 → ×

 

飽和脂肪酸 と 不飽和脂肪酸 → 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

「油」と「脂」の違い、「脂質」「脂肪」「脂肪酸」の違いをうまく頭の中で整理できたのではないかと思います。

 

話題のオメガ3,6,9は不飽和脂肪酸に属します。

 

ですので、油を動物性か?植物性か?で考えると、そもそも理解ができません。

 

頭が混乱したらこの記事を読み直して、整理しながら理解していただければ幸いです。