3歳3ヶ月の息子が2週間でひらがなの読みを完璧にマスターしました。

 

しかも、当の本人はとても楽しそうに「勉強している感覚」なしにやってくれたのが、親としてはとても嬉しく思います。

 

誰でもカンタンにできる方法だったので、3ステップにまとめてみました。

 

親としての心構え

私はは常日頃、子供には「勉強している」と思って欲しくないと考えています。

 

3歳で幼いですし、「遊び感覚でやっていたら自然に身についた」というのが理想です。

 

子供はスポンジのように吸収して習得が早いのが特徴ですが、大前提には「好き」であること。

 

これが一番大事なんです。

 

ですから、今回は遊び道具の中に、ひらがな学習を忍び込ませました。

 

ステップ1:あいうえおドミノ

まずは、このくまさんの形をしたドミノを購入しました。

 

ドミノって、倒れないように集中してとりくみますし、何て書いてあるのか気になったときに、息子から質問させるのが狙いでした。

 

形がカワイイので、子供がすぐに気にいるデザインだったのもよかったと思います。

 

実際にうちの息子は「これ何て読む?」って聞いてきましたし、最終的には自分の名前を並べて遊ぶようになっていました。

 

 

ステップ2:お風呂でひらがな遊び

お風呂でぼーっとしている時間もったいな〜と思い、購入してみました。

 

ドミノとの相乗効果も狙いの1つでした。

 

最初は一緒に読んで、褒めるを繰り返し、すぐに「あ、い、う、え、お」と大声で毎日読むようになりました。

 

ついでに、カタカナの表も貼っておくと、覚えてしまいます。(笑)

 

 

ステップ3:大人(幼稚園の先生や親族)の前でひらがなを読ませ褒めさせる。

 

幼稚園の先生やおじいちゃん、おばあちゃんの前で、ひらがなを読ませます。

 

100%の反応で「すごい!」とリアクションを受けるので、とっても喜びます。

 

遊んでいただけで、褒められるなんて、息子目線からすればラッキーなんだと思います。

 

モチベーションも上がるので、次の学習にもつながりますよ。

 

 

まとめ

ちょっとした工夫で、遊びも学習に変わります。

 

テレビをだらだら一緒に見るよりも、有意義な時間を過ごせましたし、何より子供の成長が実感できて嬉しかったです。

 

個人差はあると思いますが、誰でもやればできる方法なんじゃないかと思います。