七五三の由来

七五三の11月5日の由来は徳川吉綱の息子出典:https://matome.naver.jp/

 

日本の伝統行事「七五三」。その起源は平安時代の宮中儀式といわれています。

 

日本が誇る古典文学「源氏物語」でも、子どもの成長を祝う儀式の様子が伺えます。

 

今のように、神社やお寺にお参りするようになったのは室町時代から。

 

その頃の日本では、生まれたばかりの赤ちゃんや、幼い子どもが亡くなることが多かったので、それぞれの年齢まで成長したことへの感謝と、これからも見守ってくださるようにと神さまへお願いするようになりました。

 

お参りする日は11月15日とされています。

 

日付の由来は、生類憐みの令」で知られる五代将軍綱吉公の長男、徳松君の体が弱く、その健康を祈願した日という説が、もっとも有力だと考えられています。

 

七五三がもともとは関東地方の風習だったのも、将軍のお膝元ゆえなのですね。

 

では、なぜ11月15日に祈願したのでしょうか?

 

それは、

・旧暦の11月が秋の作物の収穫を神さまに感謝する月であること、

旧暦の15日は鬼が出歩かない二十八宿の鬼宿日(にじゅうはっしゅくのきしゅくび)で吉日

とされていたからです。

 

3歳、5歳、7歳、それぞれの年齢の意味は?

七五三の年齢の意味は?出典:suntory.co.jp

 

七五三の年齢については「何歳でするのが正しいの?」と悩んだことありませんか?

 

男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳でお参りするのが一般的ですが、関西では5歳は男の子だけなど、地域によって違いがあるようです。

 

この3歳、5歳、7歳と言う年齢は、子どもの成長の節目や、風習に関係があります

 

【髪置の義(かみおきのぎ)】

 

昔の子どもは3歳まで男の子も女の子も髪を剃っていました。ただしこの頃の浮世絵を見てみると、全部剃るのではなく一部分は残していたようですね。

 

わが子が3歳を無事に迎えたことをお祝いし、やっと髪を伸ばし始めます。

 

一般的には3歳の女の子のお祝いですが、兄弟姉妹がいる家庭では男の子も一緒にやっても大丈夫です。

 

【袴着の義(はかまぎのぎ)】

 

男の子が5歳になると、男子として認められ袴の着用を許されます。

 

このことから、5歳は男の子のお祝いとなりました。

 

【帯解の義(おびときのぎ)】

 

7歳になるとそれまでは紐付きの着物を着ていた女の子が、大人用の帯を締めるようになります。

 

大人の女性の仲間入りというわけですね。

 

7歳は女の子のお祝いです。

 

ちなみに福岡県では、4〜5歳で「ひもとき」、7歳では「へこかき」「ゆもんじ」といった大人の下着を身につける独特の風習があったそうです。

 

 

どうして千歳飴を食べるの?

七五三の千歳飴の由来出典:http://www.kabuki-za.com/

 

さて、七五三には欠かせない千歳飴ですが、なぜ七五三に飴を食べるのか不思議に思ったことはありませんか?

 

千歳飴は、江戸時代に浅草寺(せんそうじ)の境内で、飴売り七兵衛が紅白の細長い飴を2本「千年飴」と名づけて売り出したのがはじまりです。

 

この時代の千年飴は、お米や麦が原料の水飴を使った「さらし飴」でした。

 

長く伸びることから「千年飴を食べると寿命が伸びる!」と、長寿と健康を願う飴として大人から子どもまで人気があったと言われています。

 

やがて子どもの健やかな成長と、幸せへの願いを込めて七五三の縁起物となっていったのです。

 

 

まとめ

 

日本の伝統行事である七五三。いつの時代も、子どもの可愛らしい笑顔や、元気な姿を守りたいと想う親の気持ちに変わりはありません。

 

親から子へ、子からそのまた子へと、引き継がれていく「親の想い」が七五三という素敵な儀式となっているのですね♪