お子さんへの負担も少ない、ゆったりとした被布でかわいらしく!

 

3歳になる娘。七五三は「何を着せたらいいの?」と悩んでいませんか?

 

はじめての経験ならなおさらです。

 

最近では、被布(ひふ)と呼ばれる袖のないベストのような上着を着せることが、多くなっています。

 

かっちりした帯ではなく、やわらかなへこ帯を結ぶので、体を締めつけることがありません。

 

これならお子さまも、つらくなることも少なく楽しくお参りができますよ♪

 

【被布に必要なもの】

・被布:ベストのように上からかけている白い着物
七五三の着物、被布出典:http://www.bbth.co.jp/

 

・三つ身(みつみ):子どもサイズの着物
七五三の着物、三つ身出典:http://www.mimuro.net/

 

 

・襦袢(じゅばん):肌着
七五三の着物、襦袢(じゅばん)出典:https://item.rakuten.co.jp/

 

・半衿(はんえり):襦袢の衿に縫いつける布地

・重ね衿(かさねえり):着物の衿もとに縫いつける布地
七五三の着物、半衿(はんえり)、重ね衿(かさねえり)出典:http://www.bbth.co.jp/

 

・兵児帯(へこおび):やわらかい帯のこと
七五三の着物 兵児帯(へこおび)出典:https://wowma.jp/

 

・ストレッチ足袋
七五三の着物、ストレッチ足袋出典:https://item.rakuten.co.jp/

 

・巾着袋
七五三の着物、巾着袋出典:https://www.creema.jp/

 

・草履
七五三の着物、草履出典:https://item.rakuten.co.jp

 

草履はデザインより履きやすいものを選ぶのがベスト。

 

今はかかとが脱げないように、ゴムが付いているものも多くなっています。

 

歩いているうちに足が痛くなったら、履きかえられる靴を持っていくと安心ですよ♪

 

お参りする日のお天気によっては肌寒さを感じる場合も。

 

そんな時のために、ポンチョタイプのコートやファーケープを用意しておくといいかもしれませんね。

 

 

3歳の女の子の着物準備、装飾品は髪飾りだけで大丈夫

 

「着物の装飾品ってなに?」と首をかしげていませんか?

 

聞きなれない単語ばかりで、よくわかりませんよね。

 

写真付きでご紹介しますので、参考にしてください。

 

【着物の装飾品とは】

・はこせこ(こもの入れ)
七五三の装飾品、はこせこ出典:http://kodomokimono.lolipop.jp/

 

・扇子
七五三の装飾品、扇子出典:https://item.rakuten.co.jp/

 

・帯締め
七五三の装飾品、帯締め出典:https://item.rakuten.co.jp/

 

・帯かざり
七五三の装飾品、帯飾り出典:http://www.kyoto-maruchu.co.jp/

 

・帯あげ

・しごき(帯の下に巻く飾り)

七五三の装飾品、帯あげ、しごき出典:http://www.bbth.co.jp/

 

・かんざしや髪かざり
七五三の装飾品、かんざし出典:https://item.rakuten.co.jp/

 

ご覧のとおり着物の装飾品は、帯にまつわるものがほとんどです。

3歳の女の子は帯を締めないので、かんざしや髪かざりだけで大丈夫ですよ。

 

やっぱりかわいい!日本髪風七五三ヘアアレンジ

七五三 3歳 ヘアアレンジ出典:lifenote

 

日本の伝統的な髪型だけど、今は七五三かテレビで見かけるくらいの日本髪。

だからこそ、日本髪にアレンジしたお子さんの晴れ姿を見たいと思いませんか?

いつもと違う愛らしさに、うっとりしちゃいますよ。

 

美容院で準備

美容院にお願いする場合は、お子さまと一緒に、事前に打ち合わせに行くことオススメします。

 

実際に、お子さまの髪質や量を確認してもらうと、不安も解消されます。

 

その際には、使用するかんざしや髪飾りを持参すると、美容師さんもイメージしやすいのでは?

 

なかには美容院が苦手というお子さまもいらっしゃると思います。

 

その場合は思いきって自宅でアレンジするという選択もあります。

 

自宅で準備

「難しそう」「自宅でできる?」と声が聞こえてきそうですが、じつは意外と簡単にできちゃいます。

 

「七五三」「3歳」「日本髪」でネット検索すれば丁寧に解説している動画がヒットするので参考にしてみてくださいね。

 

 

ちなみにうちの子は、美容院で日本髪にしてもらいました。

 

前髪をふっくらさせて、垂らすタイプの赤いかんざしを挿してとても可愛かったです。

 

思っていたよりアレンジにかかる時間は短くて、子どももぐずることなくご機嫌でした。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

はじめての七五三、準備が大変と感じているママも多いかもしれません。

 

でも、可愛らしく装ったわが子の姿を見たら、そんなことはすっぱり忘れてしまいます。

 

それくらい七五三は親にとっても、思い出に残る大切な記念日なのです。

 

パパもママも一緒におしゃれして、楽しく過ごしてくださいね♪