植物油と動物油で考えるのはもう古い

 

どんな油が体に良いのか?と聞かれて

「動物油はコレスレロールが高くなって、太りやすい」→悪

「植物油はコレつてロールが低くなって、ヘルシー」→善

と思ったら、正直その考え方はもう古いです。

 

今回は正しい油の分類についてまとめて見ました。

 

専門用語が多いんですけど、できるだけカンタンに丁寧に書きましたので、安心して読み進めてください。

 

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸

脂肪酸の分類出典:http://www.cramer.co.jp/

 

まず、油は大きく分けて、飽和脂肪酸(動物性)と不飽和脂肪酸(植物性、魚類)に分けられます。

 

 飽和脂肪酸不飽和脂肪酸
主に動物性植物性
常温で固体液体
熱に強い
酸化しにくい
(保存がきく)
弱い
酸化しやすい
(保存がきかない)

 

飽和脂肪酸の特徴

・常温で個体 → サラサラ流れないので血液がドロドロになるイメージ

・熱に強く、酸化しにくい(保存がきく)

・ココナッツオイル、パーム油といった植物油も飽和脂肪酸に含まれる。

 

不飽和脂肪酸の特徴

・常温で液体 → サラサラ流れるので血液がサラサラになるイメージ

・熱に弱く、酸化しやすい(保存がきかない)

 

 

一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸

 

不飽和脂肪酸はさらに、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分けられます。

 一価不飽和脂肪酸多価不飽和脂肪酸
人体で合成できる合成できない
必須脂肪酸
オメガオメガ9オメガ6オメガ3
熱に強い
酸化しにくい
(保存がきく)
弱い
酸化しやすい
(保存がきかない)
オリーブオイル
なたね油
コーン油
ごま油
べにばな油
魚の油

一価不飽和脂肪酸の特徴

・オメガ9

・熱に強く酸化しにくい

・オリーブオイルなど

 

多価不飽和脂肪酸の特徴

・人体で合成できない必須脂肪酸

・オメガ6とオメガ3にわかれ、食べる量のバランスがとても大事

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

大切なのは、油と動物性と植物性で考えないことです。

 

動物性?植物性?で考えていると、オメガ3やオメガ6の話が理解しにくくなるからです。

 

正直、専門用語が多すぎていやになるところですが、ここがわかってないと、油の知識を正しく理解することはできません。

 

暗記する必要はないので、「あれ?ど忘れしたぞ」と思ったら、また読み返して確認していただければと思います。

 

ページをブックマークしておくと便利です♪