月より団子♪

 

1年で最も美しい月と言われる「中秋の名月」

 

お月見の楽しみは、やっぱり団子♪

 

月見はもともと、月の神様に収穫を感謝するためのもの。

 

元を辿れば神事。正式な盛り付け方があるのです。

 

月見団子を乗せる台の名前や、きちんとした盛り付け方はご存知でしょうか?

 

月見団子を乗せる台の名前とは?

 

月見団子を乗せる台座を「三方(さんぽう)」と言います。「三宝」と書かれることもありますが、同じ意味と考えて問題ありません。

 

台を支える板の三方向に穴が空いていることが由来で「三方(さんぽう)」と呼ばれるようになりました。

 

神道の儀式に使われるもので、古代から神にお供え物を乗せる台座として利用されています。

 

材質はヒノキを使うのが一般的で、穴が空いてない面を月に向けて使います。

 

台の側面にあいた穴は「刳形(くりがた)」、「眼象(げんしょう)」と呼ばれ、宝珠の形に彫られています。

 

月見団子の盛り付け方は数は?

月見団子 15個の並べ方出典:http://event365days.net/

 

一般的には、月見団子の盛り付け方と数は、十五夜にちなんで15個とされています。

 

1段目 → 3×3=9個

2段目 → 2×2=4個

3段目 → 2個

 

9+4+2=15個になりますね。

 

月見団子にススキや野菜をそえて華やかさを演出♪

月見団子の盛り付け方 すすきをそえて出典:http://temaeitamae.jp/

 

もちろん月見団子だけでなく、すすきや野菜を盛り付けるとより華やかになります^^

 

ちなみにススキを使う理由ですが、稲の収穫祈願とする説があります。

 

中秋の名月にはまだ稲の収穫が終わっていないことから、代用として、形が似ているススキが用いらているようです。

 

また、ススキには切り口が鋭いことから、魔除けとしての意味合いもありました。

 

野菜を飾るのは、月見の文化は中国の風習が日本に伝わってきたもので、最初は団子ではなく芋を食べていたのが理由です。

 

詳しくはこちらの記事に書いているので、あわせてチェックしてみてください。

 

 

月見団子の歴史の変遷をカンタンにまとめています。

月見団子の意味と由来は?5分でわかるカンタン歴史

 

 

お月見は神事。団子を美味しくいただきましょう。

いかがでしたでしょうか?

 

月見団子の盛り付けに「三方(さんぽう)」を利用してみてはいかがでしょうか?

 

とっても雰囲気がよく、月見団子がさらに美味しく感じられますよ。