月見団子の作り方はカンタン!夕食のついでに作れます♪

中秋の名月と言えば月見団子。

 

スーパーで買って済ます手もありますが、夕食の支度のついでに作れるぐらいカンタンです。

 

チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

お団子が作れると他の和菓子作りに応用できますし、何かと便利ですよ♪

 

オーソドックスな月見団子の作り方

オーソドックスな月見団子 関東風 出典:http://ganref.jp/

 

まずは、オーソドックスな関東風の月見団子の作り方をマスターしましょう。

 

基本形を覚えることで、ちょっとしたアイディアで応用できるようになります。

 

何事もまずは基本から!

 

材料 (15個 3〜4人前)

・上新粉 50g

・白玉粉 50g

・砂糖  10g

・水    100cc

 

用意するもの

・ボール

・鍋

 

上新粉と白玉粉が1:1の割合で入っていますので、団子粉を100g使うのと同じです。

 

上新粉だけだと硬くてボソボソしてしまうので、白玉粉を混ぜモチモチした仕上がりをイメージしたレシピにしました。

 

 

ちなみに、上新粉と白玉粉、団子粉の違いについてはこちらに詳しく書いています。

月見団子!米粉、上新粉、白玉粉、団子粉の違いとは?小麦粉も使える?

 

 

ヘルシーさを意識して、甘さは控えめに設定しましたので、ここはお好みで調整してください。

 

 

作り方

1.白玉粉が団子状にならないよう、かき混ぜてサラサラにする。

2.ボールに白玉粉・上新粉・砂糖を混ぜて入れ、水を1/3注ぎ捏ねる。

3.丁寧こねながら残りの水を少しずつ注ぎ、生地全体がなめらかに、耳たぶのやわらかさになるまでこねる。

4.一口大の大きさに丸めて、茹でる。

5.団子が浮き上がってきたら、冷水にいれて粗熱をとる。

5.水気を切って、盛りつければ完成!

 

混ぜる→捏ねる→茹でる→冷やすのシンプルな手順です。

 

そのままでも美味しいですが、お子さんの好みに合わせてきな粉をまぶしてもOK。

 

黄色の月見団子を作るには?

月見団子 黄色出典:http://blog.goo.ne.jp/

ここからは応用編。

 

お月様に見立てた黄色の月見団子の作り方をご紹介します。

 

材料(15個 3〜4人前)

・かぼちゃ 50g

・白玉粉 50g

・豆乳 30g

 

かぼちゃと豆乳を使うのでとってもヘルシーです。

 

かぼちゃそのものに甘みもありますし、食物繊維も豊富なので、お子さんの健康に良いですよ♪

 

作り方

1.かぼちゃをフォークでつぶし、ペースト状にする。

2.白玉粉をまぜ、豆乳を少しずつ加えながら、耳たぶの硬さになるまでこねる。

3.あとは、最初にご紹介した手順と一緒です。

 

基本編と違い、かぼちゃに水分があるのと、粘り気があるので、水分はそんなに足さなくても大丈夫です。

 

材料を変えるだけで、ヘルシーになりますし、お手軽に作れます^^

 

うさぎの形を作るには?

月見団子 うさぎ出典:https://cookpad.com/

 

用意するもの

・金串

・食紅

・つまようじ

 

 

作り方

1.耳の部分は金串の先をコンロの火で熱して、耳の形になるように焼き付けます。

2.目は食紅をつまようじの先でちょんちょんと書きます。

 

目の部分は黒ごまを乗せるのもありです^^

火を使うので火傷しないように注意してくださいね。

 

家族みんなで作って思い出に♪

私の息子たちは、私が作る姿をみて「一緒に作りたい!」と言ってきました。

 

ワクワクした表情をしながら、こねこねしてましたよ^^

 

お月見の知識を話たり、月の満ち欠けについて話したりしているうちに、宇宙のことについて関心を持ちましたし、とても楽しめました。

 

手をつかい、舌で感じ、知識を覚える。

 

月見団子作りも考え方ひとつで立派な食育になります。

 

 

月見団子をうっかり作りすぎちゃったというあなたへのとっておきの対処法はこちら。

あらかじめ知っておくと便利です♪

作りすぎた月見団子の保存方法。日持ちするの?リメイク・アレンジはコレ!